このサイトについて
個人情報保護方針


宮城県震災復興計画



(1) 災害に強く安心して暮らせるまちづくり

今回の災害の原因や被害を検証し、空間的な暮らし方や歴史的観点を踏まえたハード・ソフト両面の対策を講じることにより、同等の災害が起こっても人命が失われることのない、災害に強く安心して暮らせるまちづくりを目指します。

(2) 県民一人ひとりが復興の主体・総力を結集した復興

未曾有の大災害で犠牲になった方々への追悼の思いと、宮城・東北・日本の絆を胸に、県民一人ひとりが復興への役割を自覚し主体となるとともに、国・県・市町村・団体等が総力を結集して、県勢の復興とさらなる発展を図ります。

(3) 「復旧」にとどまらない抜本的な「再構築」

被災地の「復旧」にとどまらず、これからの県民生活のあり方を見据えて、県の農林水産業・商工業のあり方や、公共施設・防災施設の整備・配置などを抜本的に「再構築」することにより、最適な基盤づくりを図ります。

(4) 現代社会の課題を解決する先進的な地域づくり

災害からの復興を図っていく中で、人口の減少、少子高齢化、環境保全、自然との共生、安全・安心な地域社会づくりなど、現代社会や地域を取り巻く諸課題を解決する先進的な地域づくりを目指します。

(5) 壊滅的な被害からの復興モデルの構築

震災から10年後(平成32年度)には、新たな制度設計や思い切った手法を取り入れた復興を成し遂げることにより、壊滅的な被害からの復興モデルを構築します。


国会事務所 :〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第2議員会館205号室 TEL:03-3508-7091 FAX:03-3508-3871
宮城事務所 :〒985-0021 宮城県塩釜市尾島町24-20 1F TEL:022-367-8687 FAX:022-367-8625

COPYRIGHT ITO Shintaro Office 2005. ALL RIGHTS RESERVED.